カードローンとキャッシングの違いを解説!おすすめの借入方法はどっち?

 

消費者金融・銀行のカードローンとクレジットカードのキャッシングは、いったい何が違うのか?

 

いずれもお金を借りることができるサービスですが、微妙に違いがあります。

 

借入を考えている方にとっては、何が違うのか気になるところでしょう。

 

そこで今回は、カードローンとクレジットカードを、

  • 金利
  • 限度額
  • 融資スピード
  • 借入・返済方法

これらについて比較して違いを解説していきます。

 

両者の特徴や注意すべきことを理解せずに借り入れしてしまうと、損してしまうかもしれません。

 

きちんと違いを知ってお得に利用しましょう。

 

カードローンとキャッシングの違いを比較

 

カードローンとキャッシング、どちらもお金を借りられるサービスですが、具体的に何が違うのか比較していきましょう。

 

【金利を比較】 一番低金利はどこ?

 

お金を借りるうえで特に気になるのが金利でしょう。

 

大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードキャッシングの金利を表にまとめてみました。

商品名 金利

 

 

 

消費者金融

プロミス 4.5~17.8%
アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

 

 

 

 

銀行カードローン

みずほ銀行 2.0~14.0%
三井住友銀行 4.0~14.5%
三菱UFJ銀行 1.8~14.6%
りそな銀行 3.5~12.475%
楽天銀行 1.9~14.5%
住信SBIネット銀行 0.99~14.79%
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%

 

 

 

 

キャッシング

三井住友カード 15.0~18.0%
オリコカード 15.0~18.0%
セゾンカード 12.0~18.0%
イオンカード 7.8~18.0%
楽天カード 18.0%

 

いずれも金利に幅がありますが、実際に適用される利率は審査で決まります。

 

そして、大抵の場合は最高金利が適用されることが多いです。

 

そのため、最高金利を比較するようにしてください。

 

比較の結果、銀行カードローンが一番低金利だということがわかります。

 

銀行カードローンの最高金利は14.0〜15.0%、これに対し消費者金融とクレジットカードキャッシングは18.0%です。

 

すべての銀行カードローンが低金利というわけではないですが、傾向としては銀行カードローンが低金利と言えるでしょう。

 

低金利だとどれぐらい得するの?

 

では、実際に低金利だと借入でどれぐらい得するのか計算してみましょう。

 

30万円の借入をして、毎月1万円の返済をするとして比較してみます。

 

いずれも最高金利を適用するものとします。

商品名 金利 返済総額
プロミス 17.8% 397,848円
オリコカード 18.0% 399,563円
みずほ銀行 14.0% 370,074円

消費者金融・クレジットカードキャッシングと銀行カードローンでは、支払う利息に約3万円もの差が出ます。

 

借入額・返済額が同じなら、低金利であるほどお得ということです。

 

【限度額を比較】高額借り入れできるのは?

商品名 限度額

 

 

 

消費者金融

プロミス 1万円~500万円
アコム 1万円~800万円
アイフル 1万円~800万円
SMBCモビット 1万円~800万円
レイクALSA 1万円~500万円

 

 

 

 

銀行カードローン

みずほ銀行 10万円~800万円
三井住友銀行 10万円~800万円
三菱UFJ銀行 10万円~500万円
りそな銀行 10万円~800万円
楽天銀行 10万円~800万円
住信SBIネット銀行 10万円~1,200万円
イオン銀行カードローン 10万円~800万円

 

 

 

 

キャッシング

三井住友カード 5万円~300万円
オリコカード 10万円~300万円
セゾンカード 10万円~100万円
イオンカード 1万円~300万円
楽天カード 1000円~300万円

 

いずれも利用限度額は幅がありますが、実際に適用される金額は審査で決まります。

 

比較してみるとおわかりの通り、クレジットカードキャッシングは利用限度額が低めです。

 

しかも、クレジットカードの場合、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているので利用には注意が必要です。

 

総量規制対象なのは?

 

総量規制とは、貸金業者が個人に対し年収の3分の1を超える貸付をしてはならないというルールのことです。

 

たとえば、年収300万円の人は貸金業者から借りられる金額は最大で100万円ということになります。

 

貸金業者に含まれるのは消費者金融とクレジットカードのキャッシングです。※

 

銀行カードローンは、運営元である銀行が貸金業者に当たらないので総量規制対象外となります。

 

※クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外です。

 

【融資の速さを比較】一番早く借りられるのは?

商品名 審査スピード

 

 

 

消費者金融

プロミス 最短1時間
アコム 最短即日
アイフル 最短1時間
SMBCモビット 最短即日
レイクALSA 最短60分

 

 

 

 

銀行カードローン

みずほ銀行 最短翌日
三井住友銀行 最短翌日
三菱UFJ銀行 最短翌日
りそな銀行 最短3営業日程度
楽天銀行 数日程度
イオン銀行カードローン 数日~1週間

大手消費者金融では最短即日融資も可能で、プロミスレイクALSAでは最短1時間融資も可能です。来店不要で手続きできることも考えると、手間もかからずかなり便利です。

 

銀行カードローンは大手消費者金融のように即日融資はできません。審査の際、警察庁のデータベースに照会をかけて回答が出ない限り審査を進めることができず、この回答は最短翌営業日となっているからです。

 

クレジットカードキャッシングが最短即時で利用できるのは、あくまでもキャッシング枠が付いている場合の話です。

 

後からキャッシング枠を付ける場合は、再度審査を受けなければならず、結果がわかるまでに数日~数週間かかることもあります。

 

お金借りる即日希望の人は、必ず消費者金融に申し込みするようにしましょう。銀行やクレジットカードに申し込みした後に、即日融資ができないと気づく人は意外に多いのです。

 

【借入・返済方法を比較】利便性が良いのは?

 

借入方法と返済方法についても見てみましょう。

 

消費者金融・銀行カードローンの場合

 

主な借入方法は2種類あります。

  • ローンカードを使ってATMで借入
  • 電話・WEBで振込依頼して口座に入金

ATMはコンビニ設置の提携ATMでも借入可能です。ほぼ24時間利用できるので、場所や時間を問わず借りられるのは便利です。

 

銀行口座への入金の場合、依頼する時間によっては翌営業日に入金となるので利用する際は注意が必要です。

 

返済方法は主に6種類あります。

  • ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット返済
  • ネットバンキング
  • コンビニ返済

業者によっては利用できない返済方法もあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

特に銀行カードローンだと口座振替でしから毎月の返済に対応していない所も多いので注意してください。

 

また、自社ATMを利用する場合は手数料無料ですが、提携ATMや銀行振込はそれぞれ手数料がかかります。

 

クレジットカードキャッシングの場合

 

クレジットカードキャッシングの借入は、

  • ATMの利用
  • 電話・会員ページから振込依頼して口座へ入金

返済方法は口座振替・ATM・銀行振込などが利用可能です。

 

手数料はカードローンと同じく、提携ATMと銀行振込だと手数料が必要になります。

 

カードローンとキャッシングどっちも信用情報機関に記録は残る?

 

消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードキャッシングいずれも利用すると、個人信用情報機関記録は残ります。

 

勘違いされている方も多いですが、カードローンやキャッシングを利用したからと行ってブラックリストにのるわけではありません。

 

ブラックリストにのるというのは、カードローンやキャッシングで長期延滞したり返済できず債務整理するなど、本来すべき返済をしないで金融事故を起こした場合に個人信用情報機関に記録されることを言います。

 

きちんと期日を守って返済できていればブラックリストにのることはありません。

 

ただし、カードローンやキャッシングを利用していると他のローンの審査に大なり小なり影響を与えます。

 

特に住宅ローンは、他から借り入れがあると審査に通らない可能性が高く、場合によっては審査すらしてもらえないこともあります。

 

カードローンとキャッシングどっちで借入すればいいの?

 

利息をできるだけ払いたくないなら、銀行カードローンがおすすめです。

 

銀行カードローンは最高金利で見ても消費者金融やキャッシングと比べて4.0%近く安いです。

 

特に借入額が高額で返済が長期化しそうな場合は、高金利だと利息も増えがちですから低金利の銀行カードローンの利用を検討しましょう。

 

ただし、10万円程度の少額の借入で返済期間が短め(半年程度)なら、無利息サービスがあるカードローンかキャッシングを利用するのが良いでしょう。

 

たとえば、プロミスは30日間は利息発生なしですから、借入額と返済期間次第では銀行カードローンよりも得します。

 

高額の借入を希望している

 

まとまった資金が必要で高額の借入を希望しているのであれば、銀行カードローンがおすすめです。

 

消費者金融も利用限度額は高額ですが、貸金業者のため総量規制対象となり年収3分の1までしか借りることができません。

 

銀行カードローンは総量規制対象外ですから、年収による縛りを受けないので大口融資を受けやすいです。

 

もっとも、利用限度額は審査で決まるので銀行カードローンに申し込めば必ず高額借り入れできるとは限りませんが。

 

今日中にお金を借りたい

 

キャッシング枠付きのクレジットカードを持っているなら、キャッシングで借り入れするのが一番早い借入方法です。

 

すでに審査した結果、借入が認められているので最寄りのATMで即借り入れできます。

 

逆に、キャッシング枠が付いていない場合は、今から申し込みしても審査結果が出るまでに数日掛かる可能性が高いので注意してください。

 

今から申し込みしてお金を借りるのであれば、即日融資対応の大手消費者金融が良いでしょう。

 

大手消費者金融であれば、最短1時間で融資することも可能ですし、無人契約機なら夜間も営業しているので、即日融資しやすい環境が整っています。

 

土日祝日でも即日融資可能なのも大手消費者金融の強みです。