オリックス銀行カードローン審査の傾向と対策!まとめも解説

オリックス銀行カードローン審査の傾向と対策!まとめも解説

オリックス銀行カードローン審査の傾向と対策を解説!

スマホで審査をする女性

最近ではカードローンを利用する人が非常に増えていて、それに伴ってカードローンもいろいろな業者からでています。

 

これほどカードローン業者が多くなると、どのカードローンを利用すればよいか迷ってしまうという人もいると思います。

 

そんな人におすすめしたいのがオリックス銀行カードローンです。数あるカードローンの中でも安定した人気を誇っています。どんな特徴があるのか、見ていきたいと思います。

オリックス銀行カードローンの特徴

パソコンを見る所税画像

オリックス銀行カードローンの特徴といえば、まずは低金利であることです。金利が3.0%〜17.8%に設定されていて、利用者の負担が少なくなっています。とくに最低金利である3.0%というのは他のカードローンの中でもトップクラスの低さを誇ります。

 

次に、300万円の融資までは収入証明書が必要ないという特徴があります。通常、お金を借りる場合は収入証明書が必要になります。また、収入証明書が原則不要のところでも大抵100万円までがボーダーラインとなっています。

 

ところがオリックス銀行カードローンの場合は300万円まで不要、いちいち源泉徴収票や課税証明書、給与明細書などを用意して見せる必要はないのです。

 

次に、借入限度額が最高800万円という特徴があります。これだけ高額になっているカードローンはそうそうありません。これほど高くなっている理由は、もちろん通常の借入れ目的ということもありますが、おまとめローンとしても利用することができるからです。

 

複数のカードローンを利用している場合、その借入額は大きくなっている場合があります。その金額をまとめることができるように限度額が高く設定されているのです。

有名カードローンの金利・限度額と収入証明書不要金額
カードローン 金利 限度額 収入証明書不要金額
オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8% 最高800万円 300万円以下不要
みずほ銀行カードローン 4.0%〜14.0% 最高1,000万円 200万円以下不要
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%〜14.6% 最高500万円 100万円以下不要
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5% 最高500万円 200万円以下不要
プロミス 4.5%〜17.8% 最高500万円 50万円以下不要
アコム 4.7%〜18.0% 最高500万円 50万円以下不要

オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

提携ATMは終日0円!無料で使えます!

ATM手数料無料画像

次に、全国に提携ATMが89000台以上あって、しかもその利用手数料が終日無料という特徴があります。終日無料ということは、週末に銀行からお金をおろして時間外手数料を払うよりもオリックス銀行カードローンでお金を引き出した方が安く利用することが出来る場合もあるのです。

 

そのほかの特徴としては、ローンカード発行後に即日融資可能となっている点があります。他のカードローンでは即日融資できるところも多いですが、低金利にしているオリックス銀行カードローンはカード発行後しか即日融資となりません。利用する場合はあらかじめカードローンを作っておくほうがベターです。

 

審査は消費者金融同様、最短即日審査可能となっていますので、申込み当日に正式審査結果も充分に可能です。ローンカードが2日〜3日で自宅に届きますので、ローンカードが届けば即日融資は可能です!提携ATM終日0円で近くのコンビニATMから即借入ができるようになっています。

 

これからオリックス銀行カードローンを利用しようと思っている人も、こういった特徴があることを理解したうえで上手に活用しましょう。

オリックス銀行カードローンの提携ATM

提携ATM画像

 

オリックス銀行カードローンの審査対策【まとめ】

オリックス銀行カードローンは、申込み条件の前年度の収入が200万円以上ある方と決まっています。そのことから、審査には属性が重要視されているようです。

【重要!】申込み条件変更に伴い年収200万円以下の人でもOKになりました!

オペレーターOK画像

2014年10月31日より、オリックス銀行カードローン申込み条件が変更となり、前年度の年収200万円が無くなりました!このため、安定的に収入がある人は年収200万円未満でも申込みが可能となり、審査次第で借入ができるようになったのです!
安定収入とは、毎月給料を貰っていれば安定収入になりますので、金額が少なくても申込みすることが可能です。

 

2014年10月31日以降のオリックス銀行カードローン申込み条件

オリックス銀行オペレーター画像

以下の条件をすべて満たす方

  • お申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方
  • 日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

※赤文字が2014年10月31日より変更となりました。

「属性」とは、勤務先や勤続年数、居住年数、家族構成、年収などの項目のことを指し、これらの項目の評価が高ければ当然審査に通る可能性も高いのです。

カードローン審査における属性の項目

勤続年数

勤続年数は最低でも1年以上は欲しい項目です。5年以上あれば問題ありませんが、10年以上勤務している人は評価が高いです。

勤務先会社規模

従業員20名以下の小さな会社よりも、100名以上の会社の方が評価が高いです。公務員や上場企業、大会社などは最も評価が高いと言われています。

居住年数

勤続年数と同様、最低でも1年は欲しい項目です。居住が短いのは不安定と見なされます。5年以上あればOKですが、10年以上であれば評価は高いです。

住居の種類

持家>分譲マンション>賃貸マンション・公団>市県営住宅>借家の順で評価が高いです。持家で本人持ち分があれば1番良いですが、身内名義の持家でも充分高評価となっています。

年収

年収は高ければ高いほど良いに決まっていますが、オリックス銀行では多くの人の審査をしているので、職業である程度の年収は把握しています。その為、嘘の年収を言ってもバレますので、本当の年収を申告しましょう。前年度の年収が200万円未満の人は申込みしても審査は通りません。

オリックス銀行カードローン審査の対策とは?

審査の対策オペレーター画像

オリックス銀行は銀行カードローンになりますので、当然保証会社の保証が絶対条件となっています。保証会社はオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社となっていますので、まずは保証会社のオリックス・クレジット(株)か新生フィナンシャル(株)の審査に通過する必要があります。

 

クレジット会社の審査になりますので、銀行よりも審査は厳しくはありませんが、やはり重要視されている勤続年数と、会社規模は審査に大きな影響を与えるでしょう。

 

ならば、勤続年数を多く申告すればいいのか?という問題になりますが、社会保険では「資格取得日」で勤続年数がある程度分かります。申告の勤続年数と、社会保険証の資格取得日に開きがある場合は、その理由を審査する側が納得できなければ認められないでしょう。

 

しかしながら、保証会社の審査を通過すれば、オリックス銀行の審査も高い確率で通ると言われています。審査の対策としては、オリックス銀行の審査に集中するよりも、保証会社のオリックス・クレジット(株)または新生フィナンシャル(株)の審査に集中することです。

2014年10月31日より新生フィナンシャル株式会社と保証業務開始!

保証会社を説明する女性イラスト

オリックス銀行カードローンの保証会社は今までオリックス・クレジット株式会社のみでしたが、2014年10月31日より、新生フィナンシャル株式会社とも保証業務開始となりました。

 

これに伴い、利用者にどんなメリットがあるのかと言うと、オリックス・クレジット(株)の保証審査に通らなかった人は、今までは審査落ちとなっていましたが、これからは新生フィナンシャルの保証審査も受けられることになった為、今までよりも保証会社の審査に通る可能性が増えたと言うことです。

 

オリックス銀行カードローンは保証会社の保証が融資の絶対条件となっていますので、新生フィナンシャル株式会社の保証が通れば借りられる可能性は充分にあります!新たな保証会社と業務提携したことによって、今まで以上にオリックス銀行カードローンを利用できる人が増える可能性が高いのです。

収入証明書は300万円以下は必要ありませんので、自己申告となります。先ほどにも書いたように嘘の申告はほとんどの場合分かってしまうものなので、虚偽申告にならないように注意が必要です。

銀行カードローン人気No.1!最短即日審査で借りれます!

オリックス銀行カードローンLP画像

金利 限度額 審査時間 即日融資
3.0%〜17.8% 最高800万円 最短即日 ローンカード発行後即日融資

オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<


金利を熱く説明する男性

カードローンには消費者金融系や銀行系などがありますが、金利が低くてご利用限度額が高いのが銀行系のカードローンです。

 

その代わりに消費者金融系より審査に厳しく時間がかかることが多いです。銀行には都市銀行や地方銀行、ネット専業銀行などの種類があり、銀行系カードローンと言ってもいろいろあります。

 

都市銀行やネット専業銀行は全国のお客様を対象にしており、地方銀行は地元にお住いの方や地元に勤務している方を対象にしていることが多いです。

 

このうち特に金利面でお得なのがネット専業銀行です。都市銀行や地方銀行と違って店舗を持たずに営業しているために店舗にかかる経費、人件費などを抑えられるのでその分だけお客様に低金利でカードローンを提供しています。

 

都市銀行や地方銀行、ネット専業銀行とも最近ではインターネットで来店不要でお申し込み出来るカードローンが増えてとても便利になりました。

今は銀行カードローンでも即日審査・即日融資が可能!

即日OKの女性画像

即日審査・即日融資を行う銀行も増えており、審査に厳しいとは言っても急な出費でお金が必要になったときにもすぐにお金を借りることが出来ます。

 

通常は審査終了後に契約を行い、契約が完了次第カードがご自宅へ発送され、ご利用スタートとなりますが、即日融資を行う場合はカードが自宅に届く前に銀行口座に振り込んで貰えます。

 

都市銀行の中には大手の消費者金融のような自動契約機を設置しているところがあり、インターネットでお申し込み後に当日中にカードを受け取りすることも可能です。後は受け取りしたカードを使って当日中にATMからお金を借りることが出来ます。

 

平日でも土日祝でも9:00〜21:00くらいの時間帯で営業しており、15時以降や土日祝で銀行の窓口が閉まっている場合でもお金を借りることが出来ます。

 

銀行のカードローンでは銀行本体と保証会社の両方で審査を行っています。保証会社の保証が受けられる方は保証人なしでお申し込みすることが出来ます。

 

保証会社は消費者金融会社や信販会社、クレジット会社と言った即日審査・即日融資を行う知識や経験が豊富な会社であることが多いです。

 

銀行は保証会社に保証料をお支払いして審査を担当して貰っていますが、この保証料はカードローンの金利分に込まれていてお客様が保証会社の保証料を負担している形です。

 

もしお客様が返済を滞納すると銀行から保証会社へと債権者が移り、保証会社が銀行の代わりに一括返済を求めてきます。このことを代位弁済と言いますが一日でも遅れたら実行されるのではなく、三ヶ月ほど滞納し返済の催促を行っても応じない時です。

総量規制を勉強する女性画像

長引く不況のためか借金した後に返済が困難になり、その借金を返済するために借金を重ねる多重債務に陥ってしまう個人の方が多くなったことで、最近では個人の方を保護する観点から総量規制が施行されました。

 

この総量規制では個人の方を対象にしており、貸金業者からは年収に対して借入総額が3分の1までと言う制限が設けられました。

 

これは貸金業者1社だけじゃなく複数社でも年収の3分の1までです。多重債務には陥りにくくなりましたが、お金に困っても必要な分を借りられなくなると言う問題点も発生しています。

 

貸金業者は消費者金融会社、信販会社、クレジット会社などがあります。消費者金融のカードローン、信販のカードローン、クレジットカードのキャッシングなどは総量規制の対象です。

 

しかし銀行のカードローンは貸金業者ではなく、銀行が提供しているために総量規制の対象外です。年収に関わらずにお申し込みは出来ますが、銀行は貸金業者より審査に厳しい傾向があり、あまり他社からの借入額が多かったり借入件数が多い方は審査に落ちやすいです。

 

総量規制には例外貸付があり、これに該当している場合は年収の3分の1を超えてお金を借りることが可能となります。

総量規制例外貸付とは?

例外OKの女性

例外貸付にはおまとめローンと言った顧客に一方的に有利となる借換え、配偶者と併せて年収3分の1までの借入、個人事業主への貸付けなどがあります。消費者金融などの貸金業者が提供しているおまとめローンでも総量規制の例外貸付に該当します。

 

総量規制の対象になっている消費者金融でも、収入のない専業主婦が配偶者と併せて年収の3分の1までなら借入することが出来ますが、実際は配偶者の同意書や収入証明書類などが必要になるために貸付することは少ないです。

 

銀行では総量規制の対象外になるために配偶者の同意書や収入証明書類などが不要、専業主婦の方でも比較的低いご利用限度額に限り貸付しているカードローンが多く、専業主婦ならば消費者金融よりも銀行カードローンに申込みした方が今は借りられるのです。

 

そして住宅ローンや自動車ローン、不動産担保ローンと言った高額なローン商品は総量規制の除外貸付に該当します。

 

しかし不動産担保ローンの場合は自宅を担保に入れる場合は除外貸付に該当しません。自宅を担保に入れていると万が一返済が困難になったときは、自宅を差し押さえされて処分されてしまうリスクがあるからです。

 

最近になってからは総量規制の見直しが検討されていると言うニュースが流れており、今後の政策次第では規制が緩和されたり廃止されるかもしれません。

野菜を取る女性画像

カードローンでお金を借りる時に気になることといえば金利があります。金利が低ければ利用者の負担が軽減されるのですから気になるのは当然です。

 

そして、もうひとつになるものといえば限度額がいくらなのかということです。利用限度額が少ないところでは自分が思っているほどお金が借りられないということもありますが、限度額が多ければそれだけ余裕をもってお金を借りることができます。

 

ですからカードローンを選ぶときは金利はもちろん、限度額もチェックしておくことが大切です。でも、実際に金利が低くて限度額も多いカードローンなんてあるの?という人のために、期待に応えてくれるカードローンを紹介します。そのカードローンとはオリックス銀行カードローンです。

最高の限度額は800万円!無担保で借りれる!

無担保無保証で借りれる画像

オリックス銀行カードローンは低金利で有名ですが、借入限度額も凄いんです。なんと借入限度額は最高800万円に設定されています。

 

他の消費者金融系カードローンでも高くて500万円ほどが多いので、いかに高額に設定されているかがわかると思います。これだけ高く設定されているからほとんどの顧客ニーズにこたえることができるのです。

 

でも、どうしてオリックス銀行カードローンは最高800万円という高額な利用限度額を設定になっているのか?その理由とは、まず銀行系カードローンで資本があるから高額な利用限度額にできるという理由です。

 

次に、総量規制による年収3分の1が無いことから、高額融資できるように高めに設定しているという理由です。このような理由から設定額が高めになっているのです。

 

そして、利用限度額が高めになっているおかげで非常に大きなメリットが存在します。それは、おまとめローンや借り換えローンをしたときに金利が下がりやすいというメリットです。

限度額が高いほど金利は低くなる設定です!

ご利用限度額 借入利率(年)
700万円超800万円以下 3.0%〜4.8%
600万円超700万円以下

 

3.5%〜5.8%

500万円超600万円以下
400万円超500万円以下

 

4.5%〜8.8%

300万円超400万円以下
200万円超300万円以下

 

6.0%〜12.8%

150万円超200万円以下
100万円超150万円以下

 

9.0%〜14.8%

100万円
100万円未満 12.0%〜17.8%

※2013年10月1日現在

 

オリックス銀行カードローンは借入れ金額が多くなればなるほど金利が低くなり、最低金利の3.0%に近づいていきます。複数の消費者金融でお金を借りている場合、その総額は高額になっていて、しかも高い金利を支払っている場合がほとんどです。

 

それをオリックス銀行カードローンでおまとめローンにすると、かなりの確率で金利が下がって利息の支払いが軽減されるのです。借り換えも同様で、他社で高い金利を支払っている場合に借り換えることで金利が安くなる場合があるのです。

 

このように他社で高い金利で多額のお金を借りている人でも安心してオリックス銀行カードローンへ乗り換えることができるように最高800万円という非常に高い限度額が設定されているのです。

 

オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

続きを読む≫ 2014/10/08 13:20:08

メリットとデメリット

銀行のカードローンの中でも有名なオリックス銀行のカードローン。まず、最大のポイントは、業界最低水準の低金利と言うところです。お金を借りる上で金利が低い事は、とても魅力的だと思います。

 

また、利用限度額が最高800万円になっていて、かなりの高額になっています。そして、オリックス銀行のカードローンは、所得証明書の提出が不要なのです。希望限度額が300万円以下であれば、源泉徴収票や課税証明書、給与明細書などの書類の提出は一切、必要ないのです。

 

他の銀行カードローンの場合、基本、100万円までが収入証明書不要の限界ラインになっています。しかし、オリックス銀行カードローンの場合は、300万円と他の銀行に比べ、融資限度額の設定が高い事が特徴になっています。

 

ただし、収入証明書は不要ですが、身分証明書の提出は必要です。運転免許証やパスポートをはじめとした書類が必要になってくるのです。

銀行審査によって審査が厳しくなることが少しのデメリット

デメリット

そんな、金額に関してメリットが多いオリックス銀行のカードローンですが、少し審査基準が厳しく設定されているところがデメリットになっています。

 

申し込み条件として、年齢が満20歳以上65歳以下で国内在住の方(※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)となっています。こらは、一般的ですが、そこに以前は年収の基準も付け加えられていたのです。

 

今現在は原則毎月安定収入がある方ならお申込みが可能となっていますので以前に比べれば格段に申込やすくなっています。しかし、収入が無い専業主婦の人はアウトになってしまいます。

 

年収による申込条件が無くなったことで自営業者の人でも借り入れすることができるので、人によっては喜ばしい条件になっています。

2014年10月31日より年収200万円未満でも申込みが可能となりました!

2014年10月31日よりオリックス銀行カードローン申込み条件が変更となり、前年度の年収200万円は無くなりました!その為、原則毎月安定収入がある人ならば申込みが可能となり、少なくても毎月給料がある人は審査可能となったのです!

 

このことによって、オリックス銀行のデメリットは大きく減ったと言うことができます。保証会社も新たに新生フィナンシャル株式会社も加わったことでより一層利用できる人が今後増えていくと思われます。

その他、オリックス銀行のカードローンの場合、全国に約89,000台以上もある提携ATMの利用が出金・入金ともに終日無料になっています。細かい話かも知れませんが、実際、ATMの手数料もバカにはなりません。なので、とても嬉しいメリットの一つだと思います。

 

また、オリックス銀行のカードローンには、おまとめローンもあり、とても便利です。消費者金融のカードローンや、他の銀行カードローンのおまとめローンと比べても、オリックス銀行カードローンは、圧倒的に利息が少なくなっています。

 

一社だけでカバー出来る限度額もオリックス銀行のカードローンの場合大きくなっているので、複数のカードローンがある人には、お得で便利な返済方法になっています。複数への返済の手間が省かれるだけでなく、金利を下げる事も可能なのです。

 

以上のように、オリックス銀行のカードローンは年収の条件がある以外は、メリットがたくさんあるカードローンになっているのです。

 

オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

続きを読む≫ 2014/10/05 21:49:05

即日融資の話をする男女画像

オリックス銀行カードローンは、銀行が行っているローンのため安心感もあり、最低金利も安いとゆう大きなメリットもあるため人気のあるカードローンです。

 

ネットですべての手続きが完結できるため、非常に便利なローンなのですが、近年増えてきている即日融資はローンカード発行後可能となっています。

 

審査自体は即日で審査完了になる場合もあるようですが、審査が終わった後の手続きが消費者金融などとは大きく違うため、どうしてもローンカード発行後の即日融資になってしまうのです。

 

消費者金融の即日融資のシステムは、根本的な審査システムが銀行の審査とは違い、ほとんどが機械的な審査になっています。

 

銀行の場合にはいろいろな項目を一つずつチェックしていきますから時間がかかるわけですが、消費者金融や即日融資を謳い文句にしている会社では、その会社が決めている一定の審査ポイントをクリアできる場合には融資可能と判断するため、素早い審査と即日融資を可能にしているわけです。

 

もちろんこの方法には大きなリスクが伴います。機械的に融資OKと判断した人が支払いを確実に出来るのかどうかまでは審査の対象になっていない場合が多いわけですから、融資後に延滞があったり支払いが出来ないとゆう自体も起こり得るわけです。

 

ですから、即日融資を謳っている会社は、そのリスクに備えて金利を高めに設定してリスクの軽減を図っています。

オリックス銀行カードローン審査から借入までの流れ

スマホ女性画像

オリックス銀行のカードローンは、審査自体を機械的に行う事をしません。審査の流れはネットから申し込むとまず1次審査(保証会社の審査)を行います。この時点で審査をクリアした場合には、オリックス銀行の本審査に移るわけです。

 

本審査には当然在籍確認の審査も含まれます。

 

在籍確認を行うのは、融資を行った場合にちゃんと返済が出来るかどうか、記載された勤務の内容に虚偽がないかどうかの確認です。もし虚偽があった場合にはもちろん審査はNGとなり融資をしてもらえなくなります。

 

在籍確認などが終わり、問題なしと判断が出れば最終審査完了で、やっと融資を行える状態になります。

 

この後にカードローンを利用するためのカードの発行、発送となるため、どうしても時間がかかるわけです。ですから、とにかく急いで融資してほしい人には不向きなローンだと言えます。

 

時間がかかる代わりに最低金利などを安く設定しているわけですから、スタンスとしては即日融資を行っている会社とは正反対だと言えます。

 

すぐに融資してもらえる代わりに金利をたくさん支払うか、審査に時間はかかるけど金利を限りなく安くしてもらえるか、自分が必要な融資が急ぐものなのかそうではないのかで、カードローン会社を選べばいいのではないでしょうか。

 

銀行カードローンの審査は基本的に保証会社の審査と、銀行の審査があることから、即日融資はあまり対応していないのが一般的です。

 

銀行ローンで有名な東京スター銀行のおまとめローンも金利は低く、限度額は最高1,000万円とかなり高額ですが、審査時間と融資までの日数はやはり時間がかかります。東京スター銀行おまとめローンについてはこのサイトへ

 

オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

続きを読む≫ 2014/10/01 16:25:01
ホーム RSS購読 サイトマップ