お金借りたい人必見!即日で今すぐお金借りるならここがおすすめ!

お金借りる即日画像トップ

 

お金を借りたいと思った時に、どこがおすすめで、どこが借りない方がいいのか?一瞬で分かるサイトがあれば便利だと思いませんか?

 

お金を借りたい!と思っている時ほど急いでいて、とりあえずどこかに早く申込しなければ!と焦っている人がほとんどです。

 

そのような時はお金を借りたい一心で動いているので、金利や利便性、無利息、即日融資の不可をあまり考えていません。

 

そのため、お金を借りた後に、なぜこんなところから借りてしまったのか...と、後悔する人も多くいるのです。

 

お金は借りる時は楽ですが、返す時はその何百倍も辛いのです。そのため、最初に借りる時から、後悔しない借入先に申込することが大切とも言えます。

 

では、後悔しない借入先とは?どこからお金を借りればいいのか?ご安心してください。

 

当サイトは国家資格の貸金業務取扱主任者が監修しており、掲載してある業者全てが安心して借りられる金融業者で、多くは最短即日融資も可能となっています。

 

また、顧客満足度調査も独自で調査していますので、借りた人の満足度が高いものを上位にしています。急いで適当に申込する前に、このサイトで本当のおすすめの借入先を調べてくださいね。

 

プロミス
プロミス

プロミスなら最短1時間融資が可能!WEB完結ならカードレス対応なので自宅への郵便物一切無しで借入もできます!

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間融資

安心して今すぐ即日融資でお金を借りたい人は、プロミスが断トツにおすすめです。

 

銀行カードローンは2018年から申込者を警察庁のデータベースに照会することが義務付けられ、その回答が早くても翌日になることから、銀行では即日融資ができなくなりました。

 

しかし、消費者金融は警察庁への照会は義務付けられておらず、プロミスなら申込から最短1時間で融資も可能となっています。

 

またプロミスの「瞬フリ」は24時間365日最短10秒で銀行口座に振込が可能なため、土日祝日でも問題ありません。(※金融機関により振込実施時間が異なります)

 

信頼性もSMBCグループなので安心・安全に借りることができます。

 

プロミスはカードレス(カード発行なし)対応となっているので、返済方法を口座振替(口座引き落とし)にすれば、自宅への郵送物は一切なしで借りることができます。

 

また、プロミスのアプリローンを利用すれば、カードは無くてもスマホがあれば、セブン銀行から借入・返済ができるので圧倒的に便利です。

 

もちろん、初めての人は※30日間無利息サービスがあります。今すぐお金を借りたい人は、アコムかプロミスに申し込みすれば間違いはありません。
※30日間無利息はメールアドレス登録とWEB利用明細の登録が必要です。

 

プロミス公式サイトはこちら

 

アコム
アコム

アコムはカードローンNo.1と言われている審査スピードで、申込から最短30分審査!新規の人は30日間無利息!

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間融資可

アコムは大手の三菱フィナンシャルグループなので、信頼性はトップですし、楽天銀行の口座があれば、24時間最短1分で365日即日融資が受けられます。

 

楽天銀行以外でも、三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行の口座があれば、月曜以外の平日は受付完了から最短1分、月曜(23:49迄)と土日祝日(19:59迄)でも遅くまでの即日振込が可能となっています。

 

アコムは消費者金融最大手となっており、多くの人が最初に借入する「安心できるカードローン」の象徴的存在です。

 

初めての方は30日間金利0円サービスになっていますので、1か月~3カ月の短期利用の人は、金利14%台の銀行カードローンで借りるよりも、無利息があるアコムで借りたほうが利息の支払いは少なく済みます。

 

審査時間もカードローン最速の最短30分なので、今すぐ借りたい人にはピッタリのカードローンです。

 

アコム公式サイトはこちら

 

レイクALSA
レイクALSA

レイクALSAは全てのカードローンの中で金利以外のスペックはトップと言われています。提携ATM手数料無料なのが嬉しい!

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査時間 申込完了画面に最短15秒
融資時間 WEBで最短60分融資も可能※

レイクALSAは銀行・JAバンク、信金など、全てのカードローンの中でも金利を除けばスペックはトップと言えます。まず、初めて契約の方はWEBからの申込で借入の全額を※60日間特典または、借入のうち5万円までを180日間特典の2つの無利息を選ぶことができ(2つとも契約額1~200万円まで)、内緒で借りたい人のために、自宅への郵便物なしで借りる事もできます。

 

また、審査結果は申込完了画面に最短15秒で表示されるので、他のカードローンのように審査結果を待つ必要もありません。そして何といっても消費者金融では珍しく、提携ATM手数料が無料になっています!

 

セブン銀行・ローソン・Enetなどの提携コンビニATMで借入・返済をする人が圧倒的に多いのですが、消費者金融ではプロミスもアコムも1万円以下で108円、1万円超で216円もの提携ATM手数料が1回毎に取られます。

 

しかし、レイクALSAは提携ATM手数料無料のため、なんど借入・返済を繰り返しても手数料は0円です。レイクALSAのアプリを利用すれば、カードが無くてもスマホでセブン銀行から借入等ができるので、利便性は最高クラスです。

 

正直、全カードローンの中で1番メリットが多いのがレイクALSAと言えます。

 

※WEBで最短60分融資も可能は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

 

※レイクALSAの特典は、初回契約日翌日からとなります。
・特典期間経過後は通常金利適用。
・30日間特典、180日間特典との併用不可。
・Webで申込いただき、ご契約額が1〜200万円の方。

 

レイクALSA公式サイトはこちら

 

SMBCモビット
SMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結は郵送物なしに加えて、電話連絡もなしで借りれます!内緒で借りたい人におすすめです。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日

SMBCモビットは、カードローンで初めて自宅への郵送物を無しにした業者です。今は大手消費者金融の多くが郵便物なしで借りることができますが、その先駆けはSMBCモビットでした。

 

モビットのWEB完結は自宅への郵送物なしに加えて、電話連絡も一切無しなので、会社や自宅など、誰にも知られずにお金を借りたい人におすすめです。

 

デメリット部分として、モビットは無利息サービスがありません。また、WEB完結が他の大手消費者金融に比べると条件が厳しくなっています。

 

モビットのWEB完結申込条件は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて、社会保険証または組合保険証の人が対象になります。

 

そのため、上記以外の銀行口座しかない人や、国民健康保険の人は申込することができません。

 

SMBCモビット公式サイトはこちら

 

 

  1. 安心してお金を借りるなら大手消費者金融がおすすめ
  2. なぜお金を借りたい時、大手消費者金融カードローンがおすすめなのか?
  3. 誰にもバレずに内緒でお金を借りたいなら大手消費者金融へ!
  4. 即日融資と言えばアコム!アコムでお金を借りる方法は?審査から融資の流れを解説
  5. アコムでお金を借りる時の必要書類は?
  6. アコムでお金を借りたい時の申し込みの流れは?
  7. アコムでお金を借りる時の審査は?審査時間はどれぐらい?
  8. アコムでお金を借りる時の審査基準
  9. アコムでお金を借りる時の融資時間は?即日融資は可能なのか?
  10. アコムでお金を借りるまとめ
  11. 即日融資で今すぐにお金を借りたい!そんな時どこに申込むべき?
  12. 最短1時間融資が可能!大本命はプロミス
  13. レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で審査結果が表示される!

 

安心してお金を借りるなら大手消費者金融がおすすめ?

お金を借りるならなぜ大手消費者金融なのか

 

消費者金融と聞くと、あまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、安心安全にお金を即日融資で借りるなら、大手消費者金融一択です。

 

ここで重要なのは、あくまでも「大手」限定です。消費者金融には、大手以外に中堅、中小、零細の消費者金融が存在していますが、大手と中堅以下の消費者金融のサービスの差は天と地ほどの違いがあります。

 

大手はほぼ9割が銀行のグループ会社になっているので、安心してお金を借りることができます。一方、中堅以下の小さい消費者金融ほど、銀行の資本は全く入っておらず、昔ながらの取り立てを行っている業者もあります。

 

いくら貸金業法が厳しくなっていると言っても、お金を借りている人達は、借りている立場なので、パワーバランス的にあまり文句も言えません。

 

お金が無くて支払いができず、滞納している人に対して、強引に取り立てる行為などは法律違反ですが、中堅以下の消費者金融会社では完全にそのような取立て行為が無いのかと言えば、まだ怪しさが残ります。

 

しかし、大手消費者金融は完全に安心してOKです。先ほども言ったように、銀行の子会社やグループ会社になっているので、そのような悪質な取立てや上からの言動は一切無いと思って良いです。

 

今の時代カードローンが主流となっており、カードローンには消費者金融以外にも銀行やクレジットカード会社・信販会社のカードローンもあります。

 

その中でもおすすめになるのは、やはり大手消費者金融のカードローンなのです。

 

なぜお金を借りたい時、大手消費者金融カードローンがおすすめなのか?

 

お金を借りたことが無い人は、最初に借りるなら銀行カードローンが良いと思っている人が多いのですが、一番のおすすめはやはり大手消費者金融です。

 

まず、銀行カードローンは即日融資ができません。正確には昔は一部の銀行で行っていたのですが、2017年の銀行カードローンの過剰貸付が社会問題になったことを発端に、銀行は即日融資ができなくなりました。

 

その理由は、申込があった顧客1人1人に、警察庁のデータベースに反社会的勢力の確認などの紹介をしなければならなくなったからです。

 

警察庁データベースの返答が最短でも翌日になることから、銀行カードローンは審査も即日回答ができないのです。

 

それに加え、銀行カードローンは消費者金融で一般的な30日間無利息サービスもありません。

 

あまり知られていませんが、消費者金融の無利息サービスは、1ヵ月~3ヶ月の短期利用の人であれば、どこで借りるよりも利息の支払いが少なるなる可能性があります。

 

30日以内に完済すれば金利0%なので、その期間内であれば、銀行よりもJAよりもろうきんよりも安くお金を借りることができます。

 

なので、この30日間の無利息サービスは、上手に利用すればかなり使えるサービスなのを、あまり分かっている人がいません。

 

今の世の中で、無利子で貸してくれるところなどありません。この有難みをきちんと分かるべきなのです。

 

誰にもバレずに内緒でお金を借りたいなら大手消費者金融へ!

 

大手消費者金融のプロミス、モビット、レイクALSA、アイフルは自宅への郵送物なしでお金を借りることができます。

 

郵送物がない?当たり前じゃないの?と思うかもしれませんが、詐欺の申込の可能性もあるカードローンでは、必ず自宅に書類またはカードを郵送するのが鉄則でした。

 

実際住んでいない住所から申込してくる人も稀にいるのです。

 

2019年の今でも先ほど言った消費者金融4社以外のカードローンは、自宅に郵送物が届きます。

 

WEB完結が主流となっており、インターネットで申込すればそのままネットで契約完了することができますが、銀行カードローンを中心に、ローンカードが自宅に郵送されます。

 

それは、カードを自宅に送ることで、実際に住んでいるかどうか、在宅確認も兼ねているからです。

 

独身1人暮らしであれば、自宅にローンカードが届いたところで全然大丈夫ですが、結婚している人や、家族と同居している人にとっては、郵送物は迷惑以外のなにものでもありません。

 

カードローンを申込するのは借金です。真っ当な使い道で借金をするならば問題ありませんが、多くの人は小遣いの補填や、お酒などの交際費目的で借りています。

 

要するに、内緒で借金をしているので、郵送物が送られてきて借金の申込がバレるのが何よりも不安なのです。

 

自宅への郵送物を無くすならカードレス+口座振替の返済方法にすること

自宅への郵送物を無くすには、必ずカードレス(カード発行なし)を選択し、返済方法を口座振替(口座引落)にしなければなりません。

 

銀行カードローンはカードレスに対応しておらず、大手消費者金融でもアコムは2019年7月現在、まだカードレス対応になっていません。

 

そのため、大手でもアコムだけは郵送物無しで借りることができないのです。

 

ここで気付いた人もいるかもしれませんが、口座振替(口座引落)の返済になるため、通帳記帳した場合、毎月引き落としされていることが記録に残ります。

 

プロミスの場合「パルセンター」、レイクALSAは、引落しが株式会社アプラスを通して引落しになるため、引落し名は「AP(シンセイF」(ゆうちょ銀行をご利用の場合は、「AP(シンセイ自払」、足利銀行・あおぞら銀行・イオン銀行・シティバンク銀行の場合「アフ゜ラス」、セブン銀行の場合「カフ゛シキカ゛イシヤアフ゜ラス」) になります。

 

アイフルはライフカード(株)を通して引落しになるため、引落し名は「ライフカード(カ」になります。モビットはカ)SMBCMで引落しになります。

 

上記により、郵送物なしで借りることができても、通帳記帳をしてしまえば、何かしらローンの返済をしているとバレてしまいます。

 

通帳記帳をしなければバレることはありませんが、何かのタイミングで記帳を見られてしまうと、マズい事になります...笑

 

お金を借りるおすすめランキングを見る

 

 

即日融資と言えばアコム!アコムでお金を借りる方法は?審査から融資の流れを解説

 

アコムは、消費者金融会社のリーディングカンパニーとして知名度抜群ですので、消費者金融でお金を借りた経験のない方でも安心して利用できます。

 

特にここ最近、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループとの資本・業務提携に伴って財政基盤が安定するとともに、アコムの経験豊富な審査・融資ノウハウと三菱UFJフィナンシャルグループのブランドイメージや幅広い顧客層とのコラボレーションで、業界内での競争力アップに寄与しています。

 

このようなアコムでお金を借りるにはどのようにすればいいのか、申し込みから審査・融資までのフローをとことん解説していきます。

 

アコムでお金を借りる時の必要書類は?

 

アコムでお金を借りるのが50万円以下の場合

アコムでお金を借りる時には、運転免許証があれば手続きできます。

 

もし、運転免許証がなければ、パスポートやマイナンバーカードといった顔写真のあるエビデンス(確認書類)でも大丈夫です。

 

ただし、マイナンバーの通知カードでは取り扱いできません。

 

さらに、上記のエビデンスがない場合は、健康保険証と住民票でもOK!です。

 

また、住民票を取りに行くのが面倒くさいならば、電気、水道、ガス、NHK、固定電話といった公共料金の直近の領収書でも代替できます。

 

ただ、携帯電話の領収書では住所確認ができませんので取扱不可です。

 

アコムで借りるのが50万円を超える場合または、他社との借入が100万円を超える場合

アコムでお金を借りる額が51万円以上800万円以下の場合、または既存の他社借入額と今回新規でアコムでお金を借りる額の合計額が100万円を超える場合には、収入を確認できるエビデンスが必要です。

 

例えば、源泉徴収票や給与明細書や確定申告書といった直近1年間の年収が確認できる書類です。

 

アコムでお金を借りたい時の申し込みの流れは?

アコムでお金を借りる時の申し込みから審査・融資までのフローは、すべてインターネットで完結するため原則来店不要で大変利便性に富んでいます。

 

また、当然のことですが、ネット対応ですので24時間365日の申し込みが可能で、土日祝日も対応してもらえます。

 

具体的なフローは次の通りとなります。

 

最初に個人情報の入力

まず、名前・住所・生年月日・電話番号・メールアドレス・勤務先情報・住居種類・居住年数・家族構成などの個人情報を入力して申し込みします。

 

本人確認書類の提出

次に、本人確認書類などを以下の方法で提出します。

  • インターネットからアップロード
  • 専用アプリからアップロード
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭・無人契約機コーナーに持参

 

WEB契約手続き

審査後、「契約手続きのお願い」というメールで返信されますので、そこから手続きして完了です。

 

その後、カードを店頭窓口か郵送で受け取ります。(自動契約機なら22:00まで対応可能)

 

もちろん、店頭来店や電話、郵送でも手続き可能ですが、インターネットから手続きするより時間や手間がかかり効率的ではありません。

 

アコムでお金を借りる時の審査は?審査時間はどれぐらい?

 

アコムでお金を借りる時の最大のセールスポイントは、長年にわたって構築した審査スキルを活用したスピード審査といえます。

 

審査時間は最短30分とアピールしていますので、特にアコムでお金を借りる金額が50万円以下であればあっという間に審査完了となります。

 

また、土日祝日にアコムでお金を借りる時も即日対応ですので、非常にクイックレスポンスの顧客志向に沿ったシステムを備えています。

 

アコムでお金を借りる時の審査基準

 

20歳以上で、定期的な収入と返済能力があること

 

契約社員、派遣社員やパートタイマー、バイトでも安定収入があればOK! です。ただし、専業主婦や無職は対象外となります。

 

また、個人事業者の場合は、別途「ビジネスサポートカードローン」という商品での対応となります。  

 

ここでポイントとなるのが、「返済能力」ということです。

 

アコムでは、“当社基準を満たす”返済能力としか明らかにしていません。

 

通常、金融機関での返済能力とは、年収・勤務先・勤務年数・居住形態・居住年数・家族構成及び他社を含めた借入総額、返済額、年収に対する返済比率などを総合的に判断することとなります。

 

具体的には、項目毎に数値化してその合計額を融資の合否とするシステムを構築しています。また、AI(人工知能)を駆使した審査も現実化しています。

 

さらに、アコムでの既存借入実績があればその返済状況も重要なポイントで、滞りなくキッチリと返済していれば信用力はアップします。

 

勤務先の在籍確認がとれること

 

勤務先にアコムの融資担当者から在籍確認の電話があります。

 

その時は、アコムという会社名ではなく担当者個人名での架電ですので、勤務先であれこれと詮索される心配はありません。

 

また、電話確認時に不在や離席していても、勤務しているとの判断となります。

 

さらに、会社が休日で確認が取れない時でも、カード発行後の在籍確認となりますので、大変利用者に配慮した対応となっています。

どうしても勤め先への連絡が不都合な場合

健康保険証、給与明細書、社員証などで明らかに勤務しているとの判断がなされれば、在籍確認をスルーしてもらえることもあります。

 

というわけで、できるだけ面倒な在籍確認を省略するためには、アコムの融資担当者がスムーズに確認できるように、前もってできるだけ多くの勤務状況書類を揃えておくようにしましょう。

 

総量規制(年収の3分の1)をクリアーすること

 

アコムからお金を借りる場合、総量規制というコンセプトで多重債務者を増加させないための対策がとられています。

 

その対象は、消費者金融会社・事業金融会社・クレジットカード会社・リース会社などの貸金業者で、メガバンクなどの銀行は含まれていません。

 

そのポイントは以下の通りです。

  1. 貸金業者での借入は、利用者の年収額の三分の一に規制する。
  2. さらに、アコムからお金を借りる額が50万円超あるいは他社との合計額が100万円超の場合には、収入証明書での年収確認のみならず、勤務年数や居住年数、居住形態(持家の有無)、家族構成などを厳しくチェックされます。

 

この対策が2010年に出資法及び貸金業法の改正によって取り入れられて、悪名高かったグレーゾーン金利が撤廃されて、多重債務者が借入金の返済のための借入を繰り返すという自転車操業借入の歯止めとなりました。

グレーゾーン金利とは?

貸金業者が、利息制限法での金利(15.0%から20.0%)を超えて出資法で規定する上限金利29.2%までの貸出をしていたことを指します。

 

要するに、利息制限法では違法だが出資法では合法という曖昧な解釈を監督当局である金融庁が容認していたということです。

 

利用者の信用情報に問題がないこと

 

アコムを含めた金融会社は、利用者のすべての借入及び返済状況を「信用情報機関」で情報を一元管理するシステムを構築しています。

 

まず、アコムの融資担当者は、カードローン利用者の信用照会をして以下のことを確認します。

  • 申込書に記載された他社も含めた借入総額が妥当かどうか
  • 過去に他社も含めた借入返済の延滞・遅延がないかどうか
  • さらに、任意整理、自己破産といった事故歴がないかどうか

 

この回答結果が、アコムでお金を借りるための審査に大きな影響を及ぼし、審査に通らない第一ファクターとなりますので、利用者自身で前もってチェックしておくことをお勧めします。

 

アコムでお金を借りる時の融資時間は?即日融資は可能なのか?

アコムでお金を借りる時には、借入の申し込み当日の即日融資です

 

例えば、振込での融資であれば平日14時まで、自動契約機でのカード受取であれば平日22時までの手続きで即日融資が可能となります。

 

また、担保や保証人も不要で、入会金や年会費も無料です。

 

このカードローンの最大の特徴は、利用極度額(利用可能金額)内であれば何度でも繰り返し借入ができることですので、家計がピンチになるたびにサポートしてくれる優れものの商品だといえるでしょう。

 

アコムでお金を借りる時の限度額・金利はどれくらい?

アコムでお金を借りる場合の融資額は1万円から800万円までとなっています。

 

また、金利は借入額に応じて3.0%から18.0%(実質年率) です。

 

例えば、10万円の借入金利は18.0%,800万円だと3.0%です。

 

要するに、アコムでお金を借りる場合の融資額が増えるにつれて金利が低くなっていくというシステムです。

 

ちなみに、この融資金利は極度額(融資可能枠)に対してではなく、借入した残高に対して付与されます。

 

この金利体系は、現在の超低金利情勢にしては大変高い金利といえますので、借入は必要最低限の少額にとどめるのが賢明でしょう。

 

アコムでお金を借りる時のメリットはなにがあるのか?
30日間金利負担なし

アコムからお金を借りる時、契約日の翌日から30日間の利息の負担がないというサービスを展開しています。

 

要件は次の2点です。

  • アコムからお金を借りるのが初めて
  • 返済方法が「35日ごと」

 

審査がスピーディー!カードローンNo.1の審査スピード

アコム審査の所要時間は最短30分で大変スピーディーです。

 

さらに、審査当日の借入も可能で、緊急に資金需要が発生した時には大変便利です。

 

返済方法がフレキシビリティ

返済方法は、35日ごと返済・毎月指定日返済・毎月6日の口座振替と利用者の家計の都合にあわせてフレキシブルに対応してくれます。

 

アコムでお金を借りるまとめ

資金繰りが苦しくなった時に心強いアコムのカードローンですが、金利が割高で利息負担が重くのしかかるというのがネックです。

 

ですから、アコムからの借入は必要最小限にしたうえで、できるだけ迅速に返済することがポイントとなります。

 

また、家計に余裕ができた時には、できるだけ多額の臨時返済をすることが金利負担の軽減につながります。

 

カードローンは確かに金利は安くはありません。しかし、上手に利用すれば、これほど便利で信頼できる借入先はないのです。

 

手軽に借りられることが、多重債務の原因にもなっています。利用する場合は計画的に使わなければ、借入が一気に増えてしまう人もいます。

 

借りるときはとても楽なのですが、返済が厳しいのがカードローンです。

 

利息が付きますので、仮に1万円返済しても全部が元金充当されるわけではありません。

 

くれぐれも借りすぎには注意が必要です。

 

 

アコム公式サイトはこちら>>

 

 

即日融資で今すぐにお金を借りたい!そんな時どこに申込むべき?

時間が無い

 

「今すぐにでもお金を借りたい!」

 

「明日の買い物の引落しを忘れてた..今日中にお金を借りたい!」

 

「限定のスニーカーが明日に販売される。明日までにお金を借りたい。」

 

これらのことは、生きていくうえで多々あることです。そんな時、どこに申込むのが正解なのか?

 

頭ではカードローンから借りれると思っていても、業者によって審査時間は違いますし、カードローンには即日融資ができる業者と、できない業者に分かれています。

 

そこで、今すぐにでもお金を借りたい人向けに、最速でお金が借りれるカードローン業者をプロが解説します!

 

最短1時間融資が可能!大本命はプロミス

プロミス

 

すぐにお金を借りたい時におすすめは、プロミスです。

 

プロミスは申込から最短1時間で融資が可能となっていますので、仮に11時に申込完了したのなら、最短で12時には自分の銀行口座にお金が振り込まれています。

 

審査から、契約、振込融資までが最短1時間は相当早いです。

 

また、プロミスは融資までが早いだけではなく、全ての面でおすすめできるカードローンになります。

 

下記にプロミスで借りるメリットを箇条書きにしてみました。

プロミスでお金を借りるメリット
  • 申込完了から振込融資まで最短1時間
  • 内緒で借りたい人に心強い、自宅への郵送物なしで借りれる
  • アプリローンも完備!スマホがあればセブン銀行で借入できる!
  • 原則24時間365日最短10秒で振込融資が可能!土日祝日でもOK!
  • メールアドレスとWEB利用明細登録で借入日翌日から30日間無利息!

プロミスのメリットは、今のカードローンのメリットと言っても過言ではありませんが、全ての機能が備わっているのがプロミスです。

 

中でも、自宅への郵送物なしで借りられるのは、内緒で借りたい人にとても心強いサービスです。

 

基本的に消費者金融でお金を借りるのは、大体の人が家族や配偶者に内緒にしています。

 

カードローンは本人以外の第三者(契約上の第三者なので配偶者や家族も第三者になります)に借入の事実を話してはならないと、貸金業法で決まっています。

 

そのため、カードローン業者から本人以外に社名などを伝えるのもNGになっています。

 

しかし、郵便物だけは社名を隠したとしても中身を見られてしまえば、借入がバレてしまいます。

 

カードローンの借入がバレた人の9割以上は自宅への郵送物です。

 

プロミスは、この点に注目し、カードの発行を無くす(カードレス)ことで、自宅への郵送物なしで借入ができるようにしました。

 

契約はインターネット上のWEB完結で手続きできるので、カード発行無しを選択し、返済を口座振替(口座引落)にすれば、自宅への郵送物は一切ありません。

 

銀行口座から引落しの場合、通帳記帳すると借入がバレてしまう可能性があります。

 

その時は、プロミスのアプリローンを利用しましょう。アプリローンは、スマートフォンで申込から借入まで完結する、プロミスの新しいサービスです。

 

スマホに無料の専用アプリをダウンロードして、WEB完結で契約すれば、セブン銀行のスマホATMで24時間いつでもお金の入出金が可能です。

 

また、アプリローンはカードレスになりますので、自宅への郵送物はありません。そしてスマホで返済ができますので、通帳記帳によってバレることもないのです。

 

プロミスの瞬フリは原則24時間365日最短10秒で振込される!

土日でも24時間振込可能

 

郵送物なし以外にも凄い点は、プロミスの「瞬フリ」は原則24時間365日最短10秒で自分の銀行口座に振込されます。

 

例えば夜にお金が急に必要になったときでも、プロミスの瞬フリなら最短10秒なので、手続き後にセブン銀行等の提携ATMへ行けば、お金を引き出せます。

 

また、土日祝日でも瞬フリは対応しているため、銀行がやっていない日でも問題ありません。

 

瞬フリに対応している銀行は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行をはじめ、数多くあります。

 

詳しくは、プロミスの金融機関別振込実施時間検索を参照してください。

 

 

レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で審査結果が表示される!

レイクアルサ審査最短15秒

 

すぐにお金を借りたい人の中には、自分がまず借りられるのかを早く知りたい!と言う人もいるでしょう。

 

そんな人におすすめなのがレイクALSAです。

 

レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で審査結果が表示されますので、申込とほぼ同時に結果を知ることができます。

 

プロミスやアコムでは審査は最短30分なので、申込後早くても30程度は審査結果を待たなければなりません。

 

一刻も早く現金が必要な人は、審査に通るかドキドキしながら待っているわけですが、レイクALSAならその時間も不要なのです。

 

また、プロミス同様に最短60分融資ができますので、即日融資で借りたい人に圧倒的に人気があります。

 

そして、自宅への郵送物なしでの借入、レイクALSAアプリローンも完備しており、金利以外を見れば、カードローンでも最高峰のサービスがレイクALSAと言われています。

 

レイクALSAは2つの無利息から自分に合った方を選べる!

レイクALSAの最大の特徴は、借入全額を30日間無利息または、借入のうち5万円までを180日間無利息(契約額1~200万円まで)の2つの無利息から自分に合った方を選べることです。(2つの併用は不可)

 

基本的に借入額が30万円以上の場合は、借入の全額を30日間無利息の方がお得になりますが、5万円しか利用するつもりが無い人などは、銀行で借りるよりも間違いなくレイクALSAで借りた方が、金利は安くなります。

 

5万円を約半年間無金利で無担保・無保証で貸してくれるところは、日本においてレイクALSA以外にありません。

 

少額利用の人、すぐにでも審査結果を知りたい人にはベストな業者と言えます。